これはどんな勉強法にも共通して当てはまることですが、
資格の勉強でいちばん重要な教材は「基本テキスト」です。

資格の予備校や通信講座では、この基本テキストは決まったものが用意されます。
しかし独学では、基本テキストを自分で選ぶ自由があります。


そこで予めアドバイスしておきたいことがあります。
それは必ずテキストは1社のものだけにするということ。
自分が選んだ一冊を信じて、最後まで繰り返すことが効果的だということです。


独学で勉強していて、問題演習や模擬試験などで成績が伸びない時などは、
ほかにもっと良いテキストがあるのでは?』という迷いが生じるものです。

ほかの教材にあれこれ手を出してしまう人は、実際には少なくないようです。
そのよう迷ってしまう気持ちもよくわかります。

一人で勉強していると、どうしても迷いが生じやすいものです。

しかしいろんな教材に手を広げてしまうと、大体失敗してしまうケースが多いのです。

専門学校や通信講座の受講生は、学校が用意したテキストだけを使って、
何度でも繰り返して勉強しています。

人の能力にそれほど差があるわけではありませんし、
試験勉強に充てられる時間も限られています。

それに社労士の試験範囲はかなり膨大です。

一つのテキストに集中できなくては、合格ラインに届く体系的な知識を自分のものにはできないのですね。

社労士のインプット用教材には、テキストのほかに、
法改正、白書、横断整理など補助テキストが必要です。

しかしそれらは最低限にして、あくまでも基本テキストを中心に勉強する必要があります。

そしてテキストは一冊に限定します。


基本テキストを選ぶに当たって、
どの出版社にしたらいいか決められない事も多いでしょう。

次のページで紹介する教材なら、実績があるので信頼して大丈夫です。

いくつしぼった時点で、質問サイトなどで
他の人に聞いてみたりすると、より確信も深まるでしょう。

どのようなテキストを使って勉強したかで、
独学の成否が決まると言っても過言ではありません。


独学の多くは、使用するテキストの良し悪しに係っています。

合格まで長くつきあう一冊を選び出すことからはじめます。