【申し込み期間】
毎年4月の中旬から5月末まで受付が行われています。申し込み方法には郵送と、試験センターの窓口に直接申し込む2つの方法があります。申し込み先情報は最下段をご覧ください。
【試験日】
社労士試験は毎年8月第4日曜日に全国で行われます。
【合格発表】
11月初~中旬。合格者には合格証書が郵送されるほか、氏名が官報に公告されます。
【受験手数料】
9,000円

【試験科目】
社会保険労務士試験では、以下の8つの法律科目と、関連する一般常識から出題されます。
(1)労働基準法及び労働安全衛生法
(2)労働者災害補償保険法
(3)雇用保険法
(4)労働保険の保険料の徴収等に関する法律
(5)健康保険法
(6)厚生年金保険法
(7)国民年金法
(8)労働管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識

【出題形式と配点】
科目別の出題ではなく、選択式と択一式の出題形式で、選択式は8科目から出題され、択一式は7科目から出題されます。

(1)配点
「選択式試験」
各問1点とし、1科目5点満点、合計40点満点。
「択一式試験」
各問1点とし、1科目10点満点、合計70点満点。

【試験時間】
「選択式試験」10時30分~11時50分(80分)
「択一式試験」13時10分~16時40分(210分)

(2)合格基準
社会保険労務士に合格するには、満点の60~70%の得点が目安で、科目ごとの合格ラインも設定されています。

「選択式試験」●総得点25点以上かつ各科目3点以上(ただし、健康保険法は1点以上、厚生年金保険法及び国民年金法は2点以上)
「択一式試験」●総得点48点以上かつ全科目4点以上

※各科目に脚きり点が設定されています。社会保険労務士の試験では不得意科目をつくることなくまんべんなく勉強する必要があります。

【試験地】
全国19の都道府県が試験地です。
北海道、宮城県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、石川県、静岡県、
愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、香川県、福岡県、熊本県、沖縄県
(※東京、群馬、京都、大阪、京都、兵庫、香川、福岡などは、複数の試験会場が用意されています)。

【受験資格】
■学歴によるもの
1、4年制大学で一般教養科目の学習が終わった方(在学中も方も含む)
2、大学(短期大学を除く)において62単位以上を修得した方
3、短期大学又は高等専門学校を卒業した方
4、就業年限が2年以上で、かつ、課程の修了に必要な総授業時間数が1,700時間以上の専修学校の専門課程を修了した方

■資格によるもの
1、司法試験予備試験に合格した方
2、行政書士となる資格を有している方

※ここに書いた受験資格はあくまでも代表的な受験資格です。これ以外にも受験資格がありますので、必ず自分で受験資格があるかないかの社労士試験オフィシャルサイト確認をして下さい。

【申し込み先】
全国社会保険労務士会連合会 試験センター
〒103-8347 東京都中央区日本橋本石町3-2-12 社会保険労務士会館 5階
電話  03-6225-4880 9 : 30 ~ 17 : 30 (土日祝日は除く。)
※受験案内の入手方法は上記サイトで詳しく説明されています。