社会保険労務士の仕事は、主に2つに分けられます。

ひとつは社会保険関連の手続き、そしてもうひとつは労働関連の相談・指導業務です。

おおまかではありますが、具体的に挙げてみますと

・「健康保険」「厚生年金保険」「雇用保険」「労災保険」の加入・給付の手続き業務
・従業員の募集、採用、退職など、雇用についての相談・指導
・賃金管理についての相談・指導
・労働時間、労働安全・衛生についての相談・指導
・就業規則、給与規定・退職金規定などの作成、相談・指導
・企業内教育についての相談・指導
・人事管理、人事考課などの相談・指導

等です。


一般的に会社では、このような業務を総務人事部などで行うのですが、
企業規模や人手不足などの理由から、専門知識を持つ従業員を
おくことがむずかしい場合があります。

そのような時が、国家資格と専門知識を持つ社労士の出番です。


最近は労働形態も、働く人のライフスタイルや意識も大きく変わってきています。

社会の変化に応じ、会社の発展と働く人の福祉のために、
最適なアドバイスをできるプロの存在は欠かせません。

社労士はまさにそんな要望に応える専門家なのです。