資格の勉強法には3つの学習スタイルがあります。
それは「通学講座」「通信講座」「独学」の3つです。


この3つの勉強法のちがいは、おおまかには
「プロの指導のもとで勉強するか」「一人ですべてをカバーするか」ということです。

やはり、合格しやすい・しにくいの差がどうしても出てしまうことは否めませんが、
しかし通学さえすれば必ず合格が保証されているわけではありません。

もう自分は何年も学校へ通い通し・・・そんな受講生の話もよく聞きます。

反対に独学で、一回の試験で合格している方も毎年たくさんいます。

そこでズバリ『独学で合格するポイント』とは何か?それは、


○適切な教材を選んで勉強する
○適切な学習プラン、勉強計画を立てる
○やろうと決めた学習計画は必ず守る



などですが、プラスの要素として
「分からない箇所への対策」と「自分との戦い」が大切になります。


出版社は独学者へ向け、いまは優れた教材を提供してくれています。


しかし、参考書に書かれている内容が適切だということと、
その内容をすんなり理解できるということはまた別の話しです。

特に社労士の勉強が初めての方なら、
初めて見る法令等を前に、立ち止まってしまうことが何度もあるのが当然です。


専門学校で社労士の講座を受けている人や、
通信講座を利用している受講生なら、講師に質問ができたり、
メールで理解できない箇所を聞けたりすると思います。


しかし独学はそれが出来ません。
分からない箇所はネットで調べたり、
別なテキストを購入して調べるしかありません。

また調べたことが本当に正しいのかどうか、誰かに確認することもできない。
往々にしてそんな不安を抱えながら勉強しなければいけません。


独学でもうひとつ重要なのが「自分との戦い」、
言い換えるなら「孤独と戦う強さ」が必要ということ。



勉強はどんな学習法でも自分との戦いですが、
学校へ通っている人には友人もできるし、
通信講座にも講師やスタッフの手厚いフォローがあります。

人と繋がる手段のない独学では、とくに自分を鼓舞する努力が大事だということです。


しかし勉強というのは本来、自分で調べて進む方が知的好奇心も満たされます。

独学で合格する人が、本当に勉強を楽しめる人なのです。

独学でも社労士の合格は目指せます。

ここまで述べたことをなるべく取り入れ進むようにしましょう。

⇒合格率が全国平均4倍の通信講座の詳細はこちら