どのような国家資格を目指すにしても、勉強方法は、「通学」、「通信教育」、「独学」
の3つにしぼられかと思います。


一般的には、「時間とお金に余裕があるのであれば通学するに越したことはない」、
「学校に通う時間的余裕がなければ通信教育や独学」ということになるのでしょうか。


しかし私は、学び方の環境より以前に、本人が本気で学ぶ気持ちや意欲に、すべてが掛かっていると思っています。

どんなに良いといわれている教材を入手して、教えるのが上手な先生にめぐり合えたとしても、
『社労士という仕事を一生の仕事にしたい』という強い意思で臨まなければ試験突破はむずかしいです。


私は、高校受験も大学受験も予備校を使ったことがなかったので、
社労士の資格も独学の方向でトライしてみることにしました。

しかし大学受験の時とはちがって、教材選びも自分の判断で
決めてしまうのはちょっと不安がありました。

思い出してみれば大学受験の時の参考書も、
クラスで勉強のできる人が薦めてくれたものを使っており、
私は「教材選び」のアドバイスを受けていたのです。

また、「ここがイマイチ解らないんだけど教えてくれない?」という風に、
高校の教室には頼りになるアドバイザーもいたのです(○美にはホントに感謝、感謝!(^_^))。


社会保険労務士の試験勉強に、私は、フォーサイトの「通信教育」を選びました。

「テキストがしっかりしていそう」
「CDを聴いて耳で勉強できる」
「なんといっても費用が安い!」などなど、
フォーサイトのカリキュラムにはいろいろ魅力ありました。


はじめて社労士の勉強を始めようと思ったのが1月(一年の計は元旦にあり!(^_^))ということもあり、
試験まで8ヶ月の勉強で、1回だけで合格する自信はなかったのです。

だけど、将来の自分の目指す方向がはっきりしているのであれば、
その実現へ向け一日でも早く努力するべきだと思ったのです。

その判断は正しかったように思います。

1回目の試験が終わった秋からは、仕事と勉強漬けの一年になりましたが、
私としては「最短」ともいえる、2回の試験で合格することができました。


>>合格率4.0倍の社労士通信講座の詳細はこちら<<